FumiColle株式会社

ログイン新規会員登録

ショッピングカート

カート メニュー

タヒチアンノニジュースが特別な理由

タヒチアンノニジュースが特別な理由

豊かな太陽の日差しが降り注ぎ、見渡せば清らかで曇りのない海と、活き活きと育ったヤシの木など美しい木々が生い茂り、大自然の恵み豊かな島、「タヒチ」

「タヒチ」やその周辺の島々で大切に、そして豊かに育てられた「タヒチアンノニ」を、どこよりも「ノニ」を熱心に研究し続けているモリンダ社が、ノニの恵みを損なわず、かつ、美味しく摂ることができるジュースとして妥協なく作り出した、自信をもって薦めるこだわりのジュースが「タヒチアンノニジュース」です。

このページでは、「タヒチアンノニジュース」をストーリー仕立てで分かりやすくご紹介してまいります。

いつも仕事はバリバリ、しかも家庭でも旦那さんの御飯の支度や子どもの面倒もしっかりやってるみたい・・・
私より年上で、体力的にきつくなるアラフォー世代なのに、何でだろう???

タヒチアンノニジュースを毎日飲んでいる先輩

『おはよう!今日もがんばろうね!』 と満面の笑みでいつも元気にあいさつしてくれる憧れの先輩。

アラフォー世代の先輩は、責任のあるポジションなので、仕事量も私の2倍はあるんじゃないかと。
それでいて、家族愛が高く、デスクにある家族写真は微笑ましい・・・

いつも小さな子供の送り迎え、旦那さんの献立も健康を考えて、家庭でもしっかりやっているみたい。

ほんと、理想の上司です。

でも、先輩の年齢はアラフォー世代・・・
ストレスやプレッシャーで精神的にも、体力的にもきつくなる年代。

どうしてあんなに輝いていられるのだろう?

その秘密を探ってみた。

私も10年後、先輩のように輝いていたいから・・・

どうやら、その秘密は、先輩が休憩時間に飲んでいる紫色のジュースにあるみたい・・・

先輩の行動をひとつひとつ思い返してみると、
ひとつ、思い当たることが・・・

そういえば、いつも紫色のドロッとしたジュースを飲んでいる。
朝出勤してから、そして休憩時間、お昼ご飯の前とあとも・・・

ジュースの名前は「タヒチアンノニジュース」。ノニっていう植物の果実をピューレ状にしてジュースにしたものだとか。

「いつも飲んでいる紫色のジュースは何ですか?」
と先輩に聞いてみた。

すると・・・

ジュースの名前は「タヒチアンノニジュース」。ノニっていう植物の果実をピューレ状にしてジュースにしたものだとか。

「ノニ」???

「ノニ」ってなんなのよ~。聞いたことないわね。

ノニって何だろう

「ノニ」。

それは2000年以上もの昔から南の島々で重宝され、「神様からの贈り物」と言われて親しまれてきた奇跡のフルーツです。
元気に、健康に、輝かしく毎日を送るために、そして時に困った時に、「ノニ」はいつも人々から求められ、大切にされてきました。

オーストラリアのもう少し東に、ポリネシアというたくさんの自然豊かな島々が広がるエリアがあります。
この島々に2000年以上も前から住む人たちは優秀な海洋民族であり、新天地を求めて海を渡り歩いていました。

地図のあるわけではないその時代に、小さな船に最低限の荷物を載せ、当てのない航海へと乗り出していきます。
そのような大変な船旅にも、いつも「ノニ」は大切に持ち運ばれました。
良い種を厳選して大切に運び、新天地でもこの「ノニ」が真っ先に植えられ、大切に育てられてきたのです。

そして現代、タヒチとその周辺の島々に住み着いた人たちの手により大切に育てられ、そして、あたたかな太陽と豊かな大自然の大いなる恵みに囲まれ、
「タヒチアンノニ」はたくさんの島々で育てられるノニの中でもひと際大きく、大自然の恵みもたっぷり蓄えられた、非常に優れた果実となりました。

長き歴史を通して大切に豊かに育てられたその果実は、なお一層輝きを放つ特別な果実として、
今や世界中のたくさんの人々の健康と輝かしい毎日のために役立てられているのです。

ノニの果実